吉田拓郎の”ぷらいべえと”を聞いて、それ以外に拓郎がカバーした曲を集めてみた

スポンサーリンク
Amazon | ぷらいべえと(紙ジャケット仕様) | 吉田拓郎 | 歌謡曲・演歌 | 音楽
ぷらいべえと(紙ジャケット仕様)が歌謡曲・演歌ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

吉田拓郎が、自身のためではなく、会社のために作ったアルバム「ぷらいべえと」。ジャケットには、キャンディーズの蘭ちゃんがいるらしい。(水谷豊の奥さんですね)

この中で、筆者の好きなのは、森山良子が歌っていた、「歌ってよ夕日の歌を」と郷ひろみの歌った「よろしく哀愁」

家では、兄貴(当時高校生)が吉田拓郎を聞きまくってて、もうフォークソングと言えば吉田拓郎だった。だから世代は少し上になる。

「外は白い雪の夜」「人間なんて」「どうしてこんなに悲しいんだろう」何も考えずに、ストンと入ってくる歌詞と曲。

吉田拓郎がカバーするとオリジナルとは少し違った楽曲になる。吉田拓郎の曲をカバーしても拓郎にはなりきれないが、吉田拓郎がカバーすると吉田拓郎の曲になる。それほどすごいということか。かぐや姫の「神田川」のカバーとか、聞いてみましょう。映像が世に存在していることに感動。

神田川 拓郎バージョン。

中島みゆきのファイト。吉田拓郎調だ。

ファイト!

こんなのもありました。

志村けん 吉田拓郎&LOVE LOVE ALL STARS【時代おくれ~東村山音頭】1998『LOVE LOVE あいしてる」(live)

小室哲哉の歌でも吉田拓郎

WOW WAR TONIGHT

唯一、拓郎カバーでちゃんとしている。

スターズ★ オン23吉田拓郎 (A面~B面) 歌・演奏 BEAT BOYS
説明
音楽
スポンサーリンク
kantをフォローする
より良い暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました